RSS | ATOM | SEARCH
youtubeの波乗りしてました。
悲惨な【閲覧注意】動画を関連動画で渡っていたんですけど、ふと、気になる動画が出てきました。

『うつ と 薬』の動画でした。

観ていたら、「あ・・・」と。
知っている人は知っていますが、私は『うつ』で9年病院に通っています。
まあ、その前に身体的なもので『脳脊髄液減少症』を18才から16年間ほど患っていましたので、何かしらの薬を毎日飲み続けて、何年になるんでしょうね。
本来なら、この手の話は違うブログ『きっと大丈夫!』の方に書くんですが、ちょっと、この動画を他の人にも観て欲しいなと思ったので、こちらに書きました。
何しろ、あっちは一昨年から更新してないし、こちらの方がアクセスあるもので(笑)

自慢することではないですが、私は50錠以上の錠剤を1度で飲むことができます。それも少量の水で。
漢方であろうが、顆粒であろうが、粉薬であろうが、平気で飲めます。

だからと言って、薬が好きなわけじゃないです。

子供の頃から、薬漬けと申しましょうか、色々と病院行きが多かったので、薬を飲むのは日常茶飯事だったのです。

でもね、薬は怖いんです。
義母は『統合失調症』です。
とある精神科・老人精神科の病院に、通っているのですが(本人は嫌)、その病院に2度入院したんですね。
最初の入院の時に良くしていただいた院長が、独立して個人医院を起ち上げました。義母がその先生が良いというので、ついていく形で移りました。
何処が痛い、何処が辛い、幻聴があった等々、言うたびに薬は増えていきました。
義母は薬を飲むのが嫌いなので(特に精神科だから)、飲んだり飲まなかったりだったのですが、急に足腰が立たなくなりました。
1人住まいなので、そのままにしておくわけにはいかず、どこかの病院に行かなければと思案して、整形外科ではなく、前の病院に戻ったのです。
そのまま入院になったのですが、後任の院長の見立てでは、薬が多すぎる!と。入院して、抗精神薬のみを全てやめてしまいました。
そしたら、3日と経たないうちに、普通に歩けるようになり、自分で身体を起こすことができるようになりました。
(まあ、この入院に関しては、義母に私たち夫婦は恨まれてますけど、それはまた違う話なので)


モバイル用リンク

モバイル用リンク


で、これを観た私なんですが、自分が飲んできた薬を考えてみました。
最初の熊本の病院の脳神経外科から紹介された精神科は、話を聞いてくれと泣く私を無視して、血液検査や血圧だけをはかり、うつの薬を処方しました。
そして、母親と兄夫婦に、私は「うつ病です・・・」と、薬で治すしかないといいました。

半ば、実家から逃げるようにして福岡にやってきた私は、しばらく脳神経外科だけに通い、精神科には行きませんでした。
ですが、義父の認知症、義母の統合失調症からくる被害妄想、2人で働いても楽にならない経済苦に、うつが再発してしまいました。
義父のヘルパーに来ていただいていた、事業所の主任さんに良い精神科はないですか。とお聞きしたら、1件医院を教えていただきました。
その病院は、薬を出すだけ出して、匙を投げ、カウンセリングのある現在通院している医院を紹介してきました。
カウンセリングを受けるようになり、なんか横暴なような先生のもとに通いました。
ただ、脳神経外科で貰っていた薬もこちらで貰うようにしていたのですが、要らないと思う薬はなくし、抗精神薬も試して効かなかったものは、すぐやめて他の薬に変え、あまり増やすことがありませんでした。
減薬の辛さも味わいました。死ぬかと思いましたもの(笑)
そして今、薬は1日に5種類で、6錠になりました。
私の場合、この人のようにすべてやめてしまうことは、まだできません。
それは、家族がいるから。何もしないわけにはいかないから。
一時期、この動画の中で言われているような、膜に包まれていて、現実にいない感じになっていた時もありました。ODも何度もしました。リスカも・・・

薬がたくさんあると、変なことを考えます。衝動的にたくさんのんでしまいます。動画を観て、やっぱり薬は怖いなと思います。

今、私の主治医は、話をよく聞かない(笑)人ではありますが、医院を変えるつもりはないです。
なぜなら、いろいろと私の為に助言を下さったり、私に眠剤が聞かないとわかると、一切眠剤をくれなくなりました。くれと言ってもくれませんので(笑)

JUGEMテーマ:YouTube

JUGEMテーマ:病気
author:小猫。, category:日々のこと, 02:01
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://koneko.jamaneko.main.jp/trackback/229